ティセの小部屋Ⅱ
プロフィール

鳴らない携帯

Author:鳴らない携帯
ハンドルネーム 鳴らない携帯
性別 男性
趣味 ドール(愛義妹たち)と戯れる事
義妹’sたちとのお出かけ写真と、
義妹’sたちの写真等を中心としたブログです。
等身大ドール歴13年、
アゾン組3年、DD組2年です。
写真のほうは超がつく初心者です。
下手だけど、基本、
自分と義妹’sたちが楽しめればいいって、
スタンスで活動してます。

リンクフリーです。
よろしくお願い致します。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



にほんブログ村 ドール

参加しました、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 アゾン

参加しました、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 ボークス

参加しました、よろしくお願い致します。



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



みなみとニチモ30cmシリーズ IJN超弩級戦艦大和
今回は、色塗って完成させて、尚且つ、
家に残っている数少ないプラモデルの中から紹介したいと思います。

今回紹介を務めるのは・・・。

DSC05867.jpg

4女のみなみです。

DSC05875.jpg

あのぉ・・・お兄ちゃん。

なんだい、みなみ?

そのぉ・・・どうして水着なんですかっ。

それはだなぁ・・・今回紹介するプラモデルと関係があるからだっ。
今回みなみに紹介して貰うのは・・・。

DSC05880.jpg

ニチモ製30cmシリーズIJN超弩級戦艦大和です。
つい近年まで低価格でモーターライズでお風呂やプールで、
遊べる水物プラモデルとして発売されていた代名詞な模型です


そうそう今時、こういう浮かべて遊べるプラモデルが少ないなか、
非常にお手軽なキットだったんだけどなぁ、製造中止とは残念だ。

もう売っていないんだよね。

一番腹が立つのは、それまで一部にしか見向きされてなかったのに、
製造中止となったと途端買い占めて転売している姑息な連中が居る事だよ。

お値段、倍以上になっているんだよねぇ。

ほんと、倍以上になっているしな、なにせ浮かべて遊ぶとなるとウォーターラインじゃ浮かばないし。
フルハルモデルもあるけど、そもそも値段が高い。
お手軽に遊びたいんだよなw

お風呂やプールで遊びたいんだよねぇ、お子ちゃまなんだからっ。

やはり船は飾って愛でるんじゃなくて浮かべてなんぼなんだよw

DSC05906.jpg

ところでお兄ちゃん、IJNって何?

IJNはImperial Japanese Navyすなわち大日本帝国海軍という意味の略だな。

DSC05907.jpg


ところで、やっぱり、どうして水着なの?

それはだなぁ・・・戦艦大和ときたら世界一の主砲46cm砲、基準排水量も世界一の6万4千トン、
超弩級とくるとやはり巨乳と言うイメージだからだっ。
それに水物だしな。
と言うか俺がみなみの水着姿が見たかったらだw

もう・・・お兄ちゃんのエッチさん。

DSC05885.jpg

よし続けて紹介してくれるかな。

えっと、ニチモの30cmシリーズ戦艦大和、捷一号作戦時仕様に仕上げています。
甲板が黒色に塗られているのは諸説色々あるけど、
捷一号作戦時、甲板を黒色系に塗りこんだと言う説があるので、
甲板黒色塗装バージョンで仕上げたそうです。
それとニチモの30cm戦艦大和、機銃の配置等もほぼ捷一号作戦時の配置なので、
このほうがいいかなと、言うことで仕上げたそうです。


ところで捷一号作戦って?

捷一号作戦とは別名レイテ沖海戦の事だな。
ほぼ帝国海軍最後の総力戦になった戦いだ。

この戦いで多くの艦むす達が散っていたな。

艦むすって、お兄ちゃん艦これのやりすぎっ。

だが我が鎮守府には未だ大和も武蔵も着任していないがw

でも最近全然やっていないよね。

ああっ、ちと飽きたw

ちなみに艦これに触発されて作ったわけじゃないぞ、たまたま艦これ以前に、
MCあくしずという雑誌のキャラを使った提督の決断Ⅳのプレイ動画を見て、
作りたくなって作ったんだw

DSC05891.jpg

えっと、模型の紹介に戻りまして、オリジナルのモデルにちょっとだけ手を加えたんだよね。

ああっ、元々このモデル、30cmと言う長さにするためにスケールが、
ノンスケール気味になっているからちょっとだけシルエットも違和感あるし、
少しでもかっちょよく見せる為に一応省略されている主砲と副砲の防水布をパテで再現してみた。

DSC05893.jpg

この白色に塗ってある部分だね。

そうそう、この部分を追加してあげた分、ちょっとかっこよくなったような気がするぞ。

あとは艦橋部分にもピンバイスで窓を再現してみたんだよね。

ここも元のモデルにはないので、大きなモデルの写真をネットで見ながら開けてみた。

甲板が汚れているのもリアルさを出す為?

それは違うな、お風呂で遊んでいるからただの水垢だw

お兄ちゃんったら。

DSC05897.jpg

後は、説明書どおりだと最近の考察と多少違うので、
25mm機銃の配置もネット等を参考に配置したんだよね。


そうだな、得に後部副砲の左右の機銃の配置が説明書と最近の考証では違うみたいだった。
まぁ仕方ないよな、なにせ40年以上前のモデルだからな。


DSC05901.jpg

それと一番形が違うのは煙突の傍にある12.7センチ広角砲の造詣が違うらしいです。

そうそう、ここよく見たら12.7センチ砲の作りが左右逆になっている、
気が付かなかったのかと思うぐらいだw
他のモデルはちゃんと正しい形になっているのに、
大和と武蔵のランナーに入っている分はなぜか左右逆なんだよなぁ。
でもネットとかでググってもこの事を書いている人がいない・・・
まぁお風呂艦隊だから気が付いていないのか、スルーしているのかも知れないなw

でもこれをラジコンにして遊んでいる人達もいるんだよねっ、お兄ちゃん。

そうそうやってみたいと思いつつも技量がなくてな、まぁお風呂で遊ぶのがメインだから、
これでいいw

DSC05864.jpg

と言う事でニチモ30cmシリーズIJN超弩級戦艦大和の紹介でした。



このシリーズ、結局大和、武蔵、伊勢と未だ建造中の榛名しか手に入れれませんでした。
以前、翔鶴と信濃とメーカーは違うけど東京マルイの赤城は持っていたんですが、
すでになく、捨てるんじゃなかったと後悔。
特に赤城はマルイからしかリリースされてなかったし、翔鶴、赤城とも、
多少スケールは違うと言え1/700ウォーターラインの艦載機セットを載せて、
色まで塗っていたから、今となって後悔です。

ちなみ金剛級4隻ともニチモから出てますが、中身は全部榛名だったりと言うのは有名ですw

最近はプレイしていませんが嫁艦の陸奥っちゃんは作っておきたかったw

あとビスマルクも作りたかったなぁ・・・やはり甲板のハーケンクロイツやダズル迷彩を塗装で再現したかった。


以上で、今回はお終いです。


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ アゾンへ
にほんブログ村
拍手ありがとうございます、いつも励みにしています。
みなみも大変喜んでいますっ。

スポンサーサイト
リルとガンプラ1/144トールギス
ガンプラの好きなドーラさんも結構いますね。
僕も大好きです、ガンダムw

ここ最近は全然作っていませんが、
種ガンの頃はわりと作っていました。
HGのエールストライク、ジャスティス、フリーダム、デュエルに、
間接が省略されているシリーズのジャスティス、カラミティ、フォビデュン、ストライクダガー、
プロヴィデンス、M1アストレイ、アストレイと作りました。

多色成型なので足りないところはシールを貼るだけで即完成。
しかし、しかし何か物足りないのであるw

昔はパテで段差を埋めて、紙やすりに耐水ペーパーと掛けて仕上げて、
そしてマスキングなどを多用して色を塗るという過程を踏まえなければ、
完成できなかった。

それゆえにできた時の喜びは一押しで、
また僕はちょっと飽き性なので完成できずに未完の積み箱も増えていくのであったw

それらもあってか、一時期作った種ガンのプラモデルには愛着が湧かず、
今は残っていないと言う始末。

そんな中、パテ埋めをして表面も仕上げて、色も塗った作品だけは、
なぜか未だに保管してあるので紹介。

DSC05623.jpg

これ、お兄ちゃんが作ったガンプラなの?

そうやで、もうかれこれ20年前に作ったやつだな。


はい、20年前に放映していたガンダムWの1/144トールギスです。
この頃になると1/100サイズは多色成型ですが、
HGでもなんでもないただの1/144モデルは多色成型されておらず、
多少シール等は入っていますが、自分で色を塗らないと完成できないです。

DSC05639.jpg

これ全部色も塗って作ってあるんだね。

まぁな、このサイズで値段の安いキットは色を塗らないと完成しないからな。


ちなみにケチなので全部筆ぬりです。
なので、よく見れば筆斑だらけw
特に白色は筆だと斑なく塗るのは難しいです。

最近は広範囲に塗るときはさすがにスプレー缶買ってきますが。

放映中このトールギスがすごく気に入ったMSだったので作りました。
放映時には1/100サイズが出なかったのが残念です。

その後出ましたがw

まぁ技量の高いモデラーさんから見れば低レベルな出来ですが、
小学校の頃に比べれば自分では上手く仕上がったって感じですw

まぁ今時の小学生は比較にならないぐらいレベル高いですがw

そう言えば、最近のはわかりませんが、種ガンの時の、
安価版1/144シリーズは間接がほとんど省略されて、
あまり出来のいいキットとは思えなかったです。

正直大きな森永チョコスナックのオマケみたいだった。

間接が分けられていない分、肘と膝の部分の色が塗りにくいと感じました。

と、今回はこれでお終いです。

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ アゾンへ
にほんブログ村
拍手ありがとうございます、いつも励みにしてがんばっています。
リルも大変喜んでいますっ。