ティセの小部屋Ⅱ
プロフィール

鳴らない携帯

Author:鳴らない携帯
ハンドルネーム 鳴らない携帯
性別 男性
趣味 ドール(愛義妹たち)と戯れる事
義妹’sたちとのお出かけ写真と、
義妹’sたちの写真等を中心としたブログです。
等身大ドール歴13年、
アゾン組3年、DD組2年です。
写真のほうは超がつく初心者です。
下手だけど、基本、
自分と義妹’sたちが楽しめればいいって、
スタンスで活動してます。

リンクフリーです。
よろしくお願い致します。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



にほんブログ村 ドール

参加しました、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 アゾン

参加しました、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 ボークス

参加しました、よろしくお願い致します。



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



秋桜祭り その8 ルルナ編
秋桜祭り、最初にみなみと訪れてから、気が付くと1ヶ月。
心のエンジンもかかりにくい日もあるとは言いつつ、ちょっと時間かかりすぎかなw

いつものように画像多めとなっていますのでご了承のほどをw






さてと秋桜祭りも、その8となりました。
今回デートをする義妹は・・・。

DSC05992.jpg

8女のルルナですっ。

DSC05990.jpg

やっと、お兄ちゃんと秋桜見に来れたねっ。

ああっ、だが秋桜も随分少なくなってしまったな、遅くなってスマン。

DSC05993.jpg

ううん、一緒にこうして来れたほうがいいんだから気にしないで。

そうか、そう言ってもらえると気が楽になるよ、ありがとっ、ルルナ。

DSC05999.jpg

お兄ちゃん、このキバナコスモスはまだ一杯咲いているね。

ああっ、キバナコスモスのほうが野性味強いからな、
普通の秋桜に比べると咲く時期も早いしな。
キバナコスモスだけでもこうして咲きほこってくれている分、ちょっと助かるw

DSC06006.jpg

DSC06008.jpg

DSC06009.jpg

こっちの秋桜はもう少なくなっちゃってるね。

まだ先週はかなり咲いていたんだけどなぁ。

DSC06013.jpg

お兄ちゃん、そんなに気にしなくていいから。

なかなか心のエンジンがかかりにくくかったからな。

DSC06014.jpg

DSC06016.jpg

DSC06023.jpg

一番奥は、まだ他に比べたら咲いているねっ。

そう言えば、最初からここが一番多く咲いているように見えるな。

DSC06030.jpg

DSC06032.jpg

DSC06035.jpg

DSC06036.jpg

ちょっとだけ風があるね、気持ちいい。

お兄ちゃんは、あいかわらずTシャツスタイルだけどなw

DSC06039.jpg

お兄ちゃん、暑がりだもんね。

最近は長袖になる頃には冬って感じが多いからなw

DSC06061.jpg

随分人が減ったね。

そうだな、秋桜も見所過ぎたし、そろそろ駐車場の閉門時間も迫ってきてるしな。

DSC06063.jpg

陽の光も夕日になってきているもんね。

もうお昼過ぎたら夕日までが早い季節になってきたな。

DSC06064.jpg

そろそろ帰るか?

帰るの、お兄ちゃん。

DSC06088.jpg

今度来るときは秋桜いっぱいのときがいいなっ。

ああっ、次はお姉ちゃん達に順番ゆずってもらおうな。


この後、自転車置き場まで秋桜を見ながら、二人の一時を楽しみました。



秋桜祭り、先にも書きましたが、始めてから気が付くと、
はや1ヶ月過ぎてましたw

彼岸花祭りに比べると咲いている時期が長そうだったので、
ちょっとゆっくりしすぎたかな。
気が付くと秋桜も見所すぎてしまいました。

と、今回はこれでお終いです。


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ アゾンへ
にほんブログ村
拍車いつもありがとうございます、励みにしてがんばっています。
ルルナも大変喜んでいますっ。

ルルナと鉄道模型 カツミ製 16番 485系
今回は鉄道模型の紹介です。

いつものように義妹’sに紹介して貰います。

今回、紹介を担当するのは・・・。

DSC05916.jpg

7女のルルナです。

DSC05931.jpg

今回紹介するのは、カツミ製 16番 交直流電車特急485系ですっ。
ヘッドマークは九州昼行特急にちりん号です。
そう言えば、どうしてにちりん号なのぉ?


なんとなくかな、11両編成の特急で手頃なのとヘッドマークが、
あまり単調じゃない奴って選んでいたら、にちりん号になったw

DSC05933.jpg

まず、紹介するのは485系200番台です。

DSC05937.jpg

この485系200番台は、通称電気釜と言われるスタイルで、
貫通扉付きの番台ですっ。


DSC05940.jpg

模型の方は金属製のモデルでヤフオクで集めたんだよね。

そうそう、11両編成を組めるように集めたな、後、先頭車は合計5両分、
これも583系と同じように、まぁ懐かしい子供時代、
模型屋のショーウィンドウに並んでいたなぁと思って、ついつい集めてしまったw

こっちは集めるのにどれぐらかかったのぉ?

485系は583系に比べたら早かったかな、6両まとめてオクに出ていた分と、
グリーン車1両は中古の模型屋で、
あと、モハユニットが1ユニット分と食堂車までオクですぐに手に入れれたから、
485系の200番台は割りとすぐに揃えれたな。

あとかなり手も加えたんだよね。

そうそう、オクで手に入れてよく見ると、なんか実車との印象が違うんだ。
何処が番うのかとよく見てみると台車と車体の隙間が小さくて、
横から見ると実車の印象に比べると車高が低い事に気付いたのと、
あと付属の台車がかなりうすっぺらい造詣が印象を違うものにしていると分かったんだ。

それでどうやって手を加えたのぉ?

台車は新たに購入しなおして、床板とボディの間にワッシャーを挟みこんで高さを調整してみた、
すると思っていた印象になったかな。

どうして、そういう風になっていたのかな?お兄ちゃん。

たぶん151/181系と言う特急電車をモデル化するときに車高が低いイメージで作ったからじゃないかな?
実際、151/181系のほうが車体が485系に比べると低いからな。

ふ~ん、そうなんだぁ。

あと加工したのは、ヘッドライト、テールライト、ヘッドマーク、室内灯のLED化ぐらいかな。
まぁなにせ古いモデルだからな、特に照明関係をLEDにしてやらないと、
トミックスやカトーから販売されているコントローラーじゃ動かないからな。

どうして動かないのぉ?

古いモデルの照明類はかなり電流を必要にするからな、
そのままだと電流がオーバーしてしまってブレーカーが落ちてしまう。
まぁメーカーもその時代、フル編成で動かすなんて思っていないし、
動かすような人はコントローラーも自作するような時代だったしな。

昔は大変だったんだね。

まぁ、でもこういう趣味する人って工作好きだかならな。

DSC05949.jpg

次は違った形の先頭車の紹介です。
えっと、クハ481-501タイプです。


DSC05959.jpg

このクハ481-501タイプは485系として製造された車輌じゃなく、
元々は、えっと、こだま型特急電車、
181系直流特急電車の先頭車として製造された車輌です。

で、いいんだよね、お兄ちゃん?


よく紹介できているよ、ルルナ。

ありがとうっ、お兄ちゃん。
そう言えばこっちも、にちりん号なんだね


そうだな、この車輌は九州でにちりん号と有明号に使用されていたからな。
たまたま200番台を、にちりん号で揃えたから、ちょうどいいなって思って。

DSC05963.jpg

どうして、この車輌は元の車輌と違う名前になってるのぉ?

それはだな、九州のほうで特急列車の増発が進んだ時に先頭車が足りなくなったからだ、
先頭車がなければ運転できないだろ?

そういうことなんだね、で、どうしてこの電車を集めたのぉ?

それはやっぱり変り種だからかなw
実車なんか、181系は元々車高が低いから、
485系とつなげると屋根と床の位置が違っていたりするところが面白そうだったからかな。

この模型もそういう風になっているの?

う~ん、そのままだと実車まんまになるけど、
うちの線路状況だと、先頭よりの台車がショートしやすいから、
ワッシャー1枚分かさ上げしてしまった分、微妙な高さになってしまったかなw

あと、なんでタイプなのぉ?

一応、元から履いていた台車は実車と同じタイプの台車に交換して、
運転席の屋根に必要なパーツを自作と手持ちの部品で付け足したけど、
前面のスカートも実車は短く切られてスノープロー付きなんだけど、
先頭部がダイキャストの一体モデルだったから、
加工しにくいのと、元々のこだま型のスカートのままのほうが、
スタイル的に好きだったらか、あえて加工せずにタイプにしてしまった。

ようするにめんどくさかったんだよねぇ、お兄ちゃん。

そうそう、めんどくさかったし失敗しちゃったらもったいないしなw

それでもオクで落としたときから一部加工済みだったけど。

どこがぁ?

本当は運転席の上にヘッドライトがあったけど、外されてたのと、ボンネットに赤ひげが追加されて、
特急ときタイプになっていた。

DSC05971.jpg

さてと、次はクハ481-300番台ですっ。
こっちは200番台と違って非貫通タイプの先頭車です。
こっちは雷鳥号なんだね


雷鳥は長い編成なんだけど、手持ちで9両の編成が出来そうだから、
なんとなく選んでしまったw
まぁ好きな特急の一つだけどな。

DSC05980.jpg

こっちはどうして非貫通になっちゃったのぉ?

元々貫通扉は列車の増結、離合する事を考えて作ったんだけど、
結局使う事がなかったのと、ここから隙間風が入って運転席が寒いので、
使わないなら廃止しちゃおうと言う事で無くなったんだ。
でもJR時代になってから使う事が出てきたけどねw

そう言えば、お兄ちゃん、この車輌、1両はキットから組んだって、
ティセお姉ちゃんが言っていたよ。


これは完成品だけど、試しにオークションでキットが出ていたから、
買って組んだんだが、初めてハンダで作るのは難しかったな。

お姉ちゃんがお兄ちゃん火傷したって言っていた。

ああっ、コテ先が思いっきり人差し指の付け根に当たった、めちゃくちゃ痛かったぞ。
そう言えばキットから組んだやつ、撮り忘れてしまったなw

そうだねっ、お兄ちゃんらしいよっw

DSC05987.jpg

以上、ルルナが鉄道模型 カツミ製 交直流特急電車485系の紹介をお送りしましたっ。


今回はこれでお終いです。

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ アゾンへ
にほんブログ村
拍手ありがとうございます、いつも励みなっています。
ルルナも大変喜んでいますっ。

みなみとニチモ30cmシリーズ IJN超弩級戦艦大和
今回は、色塗って完成させて、尚且つ、
家に残っている数少ないプラモデルの中から紹介したいと思います。

今回紹介を務めるのは・・・。

DSC05867.jpg

4女のみなみです。

DSC05875.jpg

あのぉ・・・お兄ちゃん。

なんだい、みなみ?

そのぉ・・・どうして水着なんですかっ。

それはだなぁ・・・今回紹介するプラモデルと関係があるからだっ。
今回みなみに紹介して貰うのは・・・。

DSC05880.jpg

ニチモ製30cmシリーズIJN超弩級戦艦大和です。
つい近年まで低価格でモーターライズでお風呂やプールで、
遊べる水物プラモデルとして発売されていた代名詞な模型です


そうそう今時、こういう浮かべて遊べるプラモデルが少ないなか、
非常にお手軽なキットだったんだけどなぁ、製造中止とは残念だ。

もう売っていないんだよね。

一番腹が立つのは、それまで一部にしか見向きされてなかったのに、
製造中止となったと途端買い占めて転売している姑息な連中が居る事だよ。

お値段、倍以上になっているんだよねぇ。

ほんと、倍以上になっているしな、なにせ浮かべて遊ぶとなるとウォーターラインじゃ浮かばないし。
フルハルモデルもあるけど、そもそも値段が高い。
お手軽に遊びたいんだよなw

お風呂やプールで遊びたいんだよねぇ、お子ちゃまなんだからっ。

やはり船は飾って愛でるんじゃなくて浮かべてなんぼなんだよw

DSC05906.jpg

ところでお兄ちゃん、IJNって何?

IJNはImperial Japanese Navyすなわち大日本帝国海軍という意味の略だな。

DSC05907.jpg


ところで、やっぱり、どうして水着なの?

それはだなぁ・・・戦艦大和ときたら世界一の主砲46cm砲、基準排水量も世界一の6万4千トン、
超弩級とくるとやはり巨乳と言うイメージだからだっ。
それに水物だしな。
と言うか俺がみなみの水着姿が見たかったらだw

もう・・・お兄ちゃんのエッチさん。

DSC05885.jpg

よし続けて紹介してくれるかな。

えっと、ニチモの30cmシリーズ戦艦大和、捷一号作戦時仕様に仕上げています。
甲板が黒色に塗られているのは諸説色々あるけど、
捷一号作戦時、甲板を黒色系に塗りこんだと言う説があるので、
甲板黒色塗装バージョンで仕上げたそうです。
それとニチモの30cm戦艦大和、機銃の配置等もほぼ捷一号作戦時の配置なので、
このほうがいいかなと、言うことで仕上げたそうです。


ところで捷一号作戦って?

捷一号作戦とは別名レイテ沖海戦の事だな。
ほぼ帝国海軍最後の総力戦になった戦いだ。

この戦いで多くの艦むす達が散っていたな。

艦むすって、お兄ちゃん艦これのやりすぎっ。

だが我が鎮守府には未だ大和も武蔵も着任していないがw

でも最近全然やっていないよね。

ああっ、ちと飽きたw

ちなみに艦これに触発されて作ったわけじゃないぞ、たまたま艦これ以前に、
MCあくしずという雑誌のキャラを使った提督の決断Ⅳのプレイ動画を見て、
作りたくなって作ったんだw

DSC05891.jpg

えっと、模型の紹介に戻りまして、オリジナルのモデルにちょっとだけ手を加えたんだよね。

ああっ、元々このモデル、30cmと言う長さにするためにスケールが、
ノンスケール気味になっているからちょっとだけシルエットも違和感あるし、
少しでもかっちょよく見せる為に一応省略されている主砲と副砲の防水布をパテで再現してみた。

DSC05893.jpg

この白色に塗ってある部分だね。

そうそう、この部分を追加してあげた分、ちょっとかっこよくなったような気がするぞ。

あとは艦橋部分にもピンバイスで窓を再現してみたんだよね。

ここも元のモデルにはないので、大きなモデルの写真をネットで見ながら開けてみた。

甲板が汚れているのもリアルさを出す為?

それは違うな、お風呂で遊んでいるからただの水垢だw

お兄ちゃんったら。

DSC05897.jpg

後は、説明書どおりだと最近の考察と多少違うので、
25mm機銃の配置もネット等を参考に配置したんだよね。


そうだな、得に後部副砲の左右の機銃の配置が説明書と最近の考証では違うみたいだった。
まぁ仕方ないよな、なにせ40年以上前のモデルだからな。


DSC05901.jpg

それと一番形が違うのは煙突の傍にある12.7センチ広角砲の造詣が違うらしいです。

そうそう、ここよく見たら12.7センチ砲の作りが左右逆になっている、
気が付かなかったのかと思うぐらいだw
他のモデルはちゃんと正しい形になっているのに、
大和と武蔵のランナーに入っている分はなぜか左右逆なんだよなぁ。
でもネットとかでググってもこの事を書いている人がいない・・・
まぁお風呂艦隊だから気が付いていないのか、スルーしているのかも知れないなw

でもこれをラジコンにして遊んでいる人達もいるんだよねっ、お兄ちゃん。

そうそうやってみたいと思いつつも技量がなくてな、まぁお風呂で遊ぶのがメインだから、
これでいいw

DSC05864.jpg

と言う事でニチモ30cmシリーズIJN超弩級戦艦大和の紹介でした。



このシリーズ、結局大和、武蔵、伊勢と未だ建造中の榛名しか手に入れれませんでした。
以前、翔鶴と信濃とメーカーは違うけど東京マルイの赤城は持っていたんですが、
すでになく、捨てるんじゃなかったと後悔。
特に赤城はマルイからしかリリースされてなかったし、翔鶴、赤城とも、
多少スケールは違うと言え1/700ウォーターラインの艦載機セットを載せて、
色まで塗っていたから、今となって後悔です。

ちなみ金剛級4隻ともニチモから出てますが、中身は全部榛名だったりと言うのは有名ですw

最近はプレイしていませんが嫁艦の陸奥っちゃんは作っておきたかったw

あとビスマルクも作りたかったなぁ・・・やはり甲板のハーケンクロイツやダズル迷彩を塗装で再現したかった。


以上で、今回はお終いです。


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ アゾンへ
にほんブログ村
拍手ありがとうございます、いつも励みにしています。
みなみも大変喜んでいますっ。

秋桜祭り その7 ニャル子編
秋桜祭り、6女のみあまで終わらせたけど、
後もう少し続きます。

いつもの如く画像多めですのでご了承のほどを。





ピュアニーモ組み最後は・・・

DSC05678.jpg

は~い。

DSC05693.jpg

いつもニコニコ。

DSC05686.jpg

お兄ちゃまの傍に。

DSC05695.jpg

這いよる混沌。

DSC05698.jpg

ニャルラトホテプですっ。

DSC05701.jpg

とうとう、やっとニャル子の出番ですよっ、お兄ちゃま。

ニャル子は7女だからなぁ、どうしても出番が後になってしまう、スマンなぁ。

DSC05706.jpg

さてとキバナコスモスが咲き誇っているところに来たぞ。

DSC05710.jpg

キバナコスモスが、ばぁ~んとニャル子の為に咲き誇ってますぞっ。

おいおい、それは言いすぎな気がw

DSC05713.jpg

それでもニャル子は嬉しいんですよっ。

DSC05704.jpg

こうして、お兄ちゃまとデートが出来るのがっ。

そうか、ニャル子はかわいいのぉ。

DSC05717.jpg

DSC05728.jpg


そう言えば、ニャル子は何故かカメラの顔認識AFが作動しやすいですw

DSC05731.jpg

キバナコスモスから秋桜の咲いている場所に移動。
この日は雲が多くて、逆光とかあまり気にしないで済みました。

DSC05734.jpg

DSC05737.jpg

DSC05741.jpg

DSC05745.jpg

う~んっ、やはりお外の空気は気持ちいいですね、お兄ちゃまっ。

そりゃそうだなっ、これでベンチとあればもう少しくつろぎやすいんだけどなw

DSC05750.jpg

おおっ、ここは間近に秋桜が見えますよ。

ちょうど上手い具合に秋桜が咲いてくれているからな。
そう思ってお立ち台を下げてみた。

DSC05752.jpg

DSC05755.jpg

どうですか、花の妖精ニャル子ですよっ。

妖精じゃなく邪神だろうがっ、ニャル子は。

DSC05759.jpg

それを言うならお兄ちゃまも邪神じゃないですかぁ~っ。

まぁな、エロと怠惰を司る邪神だからなwww

DSC05768.jpg

とうとう一番奥まできちゃいましたねっ。

今回はほんとの一番奥だなっ、逆光とか気にしなくていいから、
いつもの反対まで来たからな。

DSC05771.jpg

なにか先ほどから幼稚園児たちがなにか聞いてきておりますよ。

この時期、代わる代わる幼稚園が訪れているからな。

DSC05774.jpg

おおっ、さすがお兄ちゃま、どうどうとニャル子の事が、
好きだから写真撮っていると答えるとは、嬉しいですっ。


だが理解していないだろうなぁw
しかし、いずれあの中から将来ドーラーになる子もいないとは限らないだろうなw

DSC05782.jpg

もう、お兄ちゃまったら、さすが邪神なお考えですっ。

どぅわっはっはっは~(飯塚昭三風w)

DSC05792.jpg

今日は、お兄ちゃまと一緒にデートが出来て、とっても楽しかったですっ。

秋桜もまだ咲いていたしな、よかった、よかった。


と、カバンの中に三脚とカメラを直し、ニャル子を片手に乗せながら、
秋桜を見納めながら、いつものように自転車置き場まで戻って、帰宅しました。

たまに思うのが自転車にドール専用の椅子でも付けたい今日この頃ですw

これでお終いです。


にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ アゾンへ
にほんブログ村
拍手ありがとうございます、いつも励みにしています。
ニャル子も大変喜んでいますっ、うー!(/・ω・)/にゃー

ティセ・ミィコとカトー製 16番 EF65-1000番台後期型
今回は鉄道模型の紹介です。
紹介をお送りするのは・・・。

DSC05646.jpg

長女のDDdyボディなティセですっ。

DSC05657.jpg

今回紹介するのはカトー製 直流型電気機関車EF65-1000番台後期型です。
ところで、お兄ちゃん前回のEF65-500番台と何処が違うの?

それはだなぁ・・・見た目がまず違う、500番台は前面が非貫通スタイル、
1000番台は貫通扉が付いているってところかな。

DSC05664.jpg

パンタグラフも違うよね

おおっ、ちゃんと気が付いているな、でも、お兄ちゃんはまだ持っていないけど、
1000番台でも前期型には500番台と同じようなスタイルのパンタグラフが付いているんだ。
まぁ一番の違いはさっき言った非貫通か貫通かが一番の見た目の違いかな。

DSC05667.jpg

後、実車としては500番台は主に旅客用、
1000番台は貨物と旅客用として重連運転しやすいようにされているってところかな。
もちろん500番台も貨物運用もできるけどな。

そうなんだぁ。

ちなみにこの1000番台後期型のほうが、お兄ちゃんのブルトレブームのときは主役だったな。
駄菓子屋で売っていたプロマイドシールでもこの1000番台のほうが好きだったし、
有井の16番プラモデルやバンダイやアオシマから出ていたNゲージのプラモデルも、
この1000番台後期型だったしな。

有井のってヤフオクで購入したアレだよねw

そうそう作ると非常に残念な思いする奴だなw
あれ箱の写真はEF65-1000番台後期型なのに、中身は前期型もどきなんだよなぁ、
パンタグラフが軟質ビニールなのは分かるけど、どうしてか交差型パンタグラフじゃないんだよなぁw

DSC05672.jpg

と言う事でティセがお送りしました。


ブルトレブームと言えば、やはり1000番台後期型が僕の時期です。
テールマークが絵入になった時期、電気機関車がちょうど500番台から1000番台になったので、
ブルトレの顔と言えばこの1000番台後期型ですね。

駄菓子屋で売っていた1袋30円のプロマイドシールとかよく集めました。
アレって当たりが出るとシールを貼り付けれるアルバムが貰えたので、
当たりが出ると非常に嬉しかったですw
そういえば、ガンダムやバルディオスも同じメーカーから出ていましたw

ヘッドマークのシールが貼っていたガムとかあったような気もします。
そういえば森永のオマケ入りキャラメルにもZゲージサイズの模型もありましたねぇ、
あれ以外にも近年まで販売されていたのが驚きでした。

と今回はこれでお終いです。

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ アゾンへ
にほんブログ村
拍手ありがとうございます、いつも励みにしております。
ティセ・ミィコも大変喜んでいますっ。

リルとガンプラ1/144トールギス
ガンプラの好きなドーラさんも結構いますね。
僕も大好きです、ガンダムw

ここ最近は全然作っていませんが、
種ガンの頃はわりと作っていました。
HGのエールストライク、ジャスティス、フリーダム、デュエルに、
間接が省略されているシリーズのジャスティス、カラミティ、フォビデュン、ストライクダガー、
プロヴィデンス、M1アストレイ、アストレイと作りました。

多色成型なので足りないところはシールを貼るだけで即完成。
しかし、しかし何か物足りないのであるw

昔はパテで段差を埋めて、紙やすりに耐水ペーパーと掛けて仕上げて、
そしてマスキングなどを多用して色を塗るという過程を踏まえなければ、
完成できなかった。

それゆえにできた時の喜びは一押しで、
また僕はちょっと飽き性なので完成できずに未完の積み箱も増えていくのであったw

それらもあってか、一時期作った種ガンのプラモデルには愛着が湧かず、
今は残っていないと言う始末。

そんな中、パテ埋めをして表面も仕上げて、色も塗った作品だけは、
なぜか未だに保管してあるので紹介。

DSC05623.jpg

これ、お兄ちゃんが作ったガンプラなの?

そうやで、もうかれこれ20年前に作ったやつだな。


はい、20年前に放映していたガンダムWの1/144トールギスです。
この頃になると1/100サイズは多色成型ですが、
HGでもなんでもないただの1/144モデルは多色成型されておらず、
多少シール等は入っていますが、自分で色を塗らないと完成できないです。

DSC05639.jpg

これ全部色も塗って作ってあるんだね。

まぁな、このサイズで値段の安いキットは色を塗らないと完成しないからな。


ちなみにケチなので全部筆ぬりです。
なので、よく見れば筆斑だらけw
特に白色は筆だと斑なく塗るのは難しいです。

最近は広範囲に塗るときはさすがにスプレー缶買ってきますが。

放映中このトールギスがすごく気に入ったMSだったので作りました。
放映時には1/100サイズが出なかったのが残念です。

その後出ましたがw

まぁ技量の高いモデラーさんから見れば低レベルな出来ですが、
小学校の頃に比べれば自分では上手く仕上がったって感じですw

まぁ今時の小学生は比較にならないぐらいレベル高いですがw

そう言えば、最近のはわかりませんが、種ガンの時の、
安価版1/144シリーズは間接がほとんど省略されて、
あまり出来のいいキットとは思えなかったです。

正直大きな森永チョコスナックのオマケみたいだった。

間接が分けられていない分、肘と膝の部分の色が塗りにくいと感じました。

と、今回はこれでお終いです。

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ アゾンへ
にほんブログ村
拍手ありがとうございます、いつも励みにしてがんばっています。
リルも大変喜んでいますっ。

ラン(黒雪姫)専用スタンド
我家の5女ラン(黒雪姫)は黒雪姫スタイルの時、
背中の羽とハイヒール装備の為、スタンドを使っても、
立たせるのが難しいw

真鍮で作ったサドルの補助をつけて、なんとか上手く立たせるようになったが、
それでも実際スカートの中では脚が中に浮いていたりと見えないところで、
ランは気合で何とかしている状態。

もう少し、どうにかならないかと考えていたら倉庫でいいモノを見つけたので、
さっそく加工してオビツのスタンドに装備してみたw

DSC05584.jpg

さすが、お兄ちゃん、よく私の事を考えてくれているな、嬉しいぞ。

毎回、野撮の時、ランには気合入れてがんばってもらっているからな。

DSC05588.jpg

ほほう、これが新しい装備なのか。

そうだぞ、1/6ドールでは基本中の基本用の脚の部分で支えるスタンドなんだ。
これならハイヒールを履いていてもきちんと接地出来るし、
脹脛の部分も支えてくれるから今まで以上に上手く立ち易くなるはずだ。


たまたま倉庫の中で積みガレキの箱をごそごそと探っていたら、
昔、烈風と言うメーカーから出ていた着せ替えアニス・ファームに付いていた、
1/6ドールの汎用のスタンドを見つけたので、これはと思い加工。
元々ハイヒール装備が多い昔の1/6ドール用のスタンドなので、
上手くいけるのではないかと。

DSC05592.jpg

これで随分楽になりそうだよ、お兄ちゃん、ありがとうっ。

よし、さっそく黒雪姫にチェンジして試してみよう。


と言う事で、黒雪姫にチェンジ。

DSC05595.jpg

DSC05597.jpg

以前よりは楽に立てるようになったが、その・・・お兄ちゃん、
靴の飾りが取れてしまったではないか。


ははっ、取れてしまったな、スカート付けたままだと、
今ひとつスタンドに脚が入れにくいな。
きちんと順序よくしないと駄目なようだ、気をつけよう。
飾りもまた後で直してやるからな。


スカート無しだとすんなりスタンドに固定できるんですが、
スカートをはかせた状態だと、脚が入れにくいのとサドルもかなりつっかえてしまうので、
順序良く固定しないと駄目ですねw
それでもかなりきちんと立たせれるようになりました。

という事で、せっかくなのでランの黒雪姫でのショットを。
腕のグローブが軟質製の素材で作られているので、見た目はいいんですが、
可動範囲が狭いので、稼動できる範囲でしかポーズが取れないの難点です。
なので、取れる範囲でのポーズをググッて探しながら撮影w

DSC05599.jpg

DSC05603.jpg

DSC05615.jpg

DSC05620.jpg

また、一緒に出かけたいな、お兄ちゃん。

ああっ、また花畑とかなら黒雪姫スタイルでお出かけしような。

期待しているぞ。


という事でランの黒雪姫スタイル用スタンドの改良版の紹介でした。

今回はちょっとライティングの光量が不足気味だったです。
EVFで見た時はわりかし、いい感じだったのですがw

一応、ネットでクリップライトとLED電球を注文してみました、
念のため、LEDは昼白色と電球色の2種を注文。

しかし店頭はほんと役に立たないです、在っても、お高いLED装備なので、
欲しいのは電球無しでLEDは別で買いたかったんですがw


これでお終いです。

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ アゾンへ
にほんブログ村
拍手ありがとうございます、いつも励みにしてがんばっています。
ラン(黒雪姫)もご満悦のご様子です。