ティセの小部屋Ⅱ
プロフィール

鳴らない携帯

Author:鳴らない携帯
ハンドルネーム 鳴らない携帯
性別 男性
趣味 ドール(愛義妹たち)と戯れる事
義妹’sたちとのお出かけ写真と、
義妹’sたちの写真等を中心としたブログです。
等身大ドール歴13年、
アゾン組3年、DD組2年です。
写真のほうは超がつく初心者です。
下手だけど、基本、
自分と義妹’sたちが楽しめればいいって、
スタンスで活動してます。

リンクフリーです。
よろしくお願い致します。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



にほんブログ村 ドール

参加しました、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 アゾン

参加しました、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 ボークス

参加しました、よろしくお願い致します。



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



植物園での顛末
今日で5月も終わり、明日から、いよいよ6月。
今年も半年に突入です。

先日の北山緑化植物園での顛末ですが。
あの後、メールで市民相談課と市内のとある市議会団、後関西のTV局にも問題を投稿しました。
やはり、なんら法的に問題を起こしていないにも関わらず、
再び来訪した場合、警察を呼ぶなど言われましたし、結局押問答でしか終了していなかったので、
こちらとしても民主主義国家に住む以上、看過し得ないと言う事です。

という事で、1週間の間、相手側から謝罪ないし問題の改善が見られない場合、
このブログで、問題が解決するまでの間、TOP表示で抗議の声明文をあげると勧告しました。

そして週が明け、1日置いた、本日、市役所の当該担当の部署から、
先日の非礼に対しての謝罪がありました。

ですが北山緑化植物園の雰囲気うんぬんの件に関しては、
法的には、なんら問題はないとの事ですが、
相手とも話し合った上、改善には及ばなかったようです。

僕としても、1年に数回訪れるか訪れないかの頻度ですし、
別段、法的に問題はないとも言われましたので、納得せざる負えないだろうと判断。

この件に関しては、これで終る事といたしました。

結局、等身大ドールと言うのが問題だそうです。
ですが、これまでの間、何度かニーモ組、1/3組、DDでも訪れましたが、
問題なく行動でき、今回になってこのような事案が発生したのは、
やはり苦情でも入ったのは明らかですね。

園内では園内を整備する従業員もそれなりにいますし、
また事務所からは、ほぼ園内を見渡すことは出来ないと思うので、
それらを考慮すると、苦情が入ったのは間違いなさそうです。

僕としては謝罪はあったものの、少し残念な結果となりました。
人間が被写体なら、何ら問題なく記念写真等といけるのでしょうが、
等身大ドール(人形)となると問題と見られる場合もあり得ると言う事ですね。

ティセ(等身大ドール)は家族であり、僕にとって彼女な義妹’sなんですが、
気軽にスルー出来ないとは残念です。

今まで小さいドールで野撮も行ってましたが、
運よく、苦情等までいってなかったのでしょうね。

要は無料の市民の憩いの公園の一つでありながら、
植物園と言う体裁と、やはり植物園が存在する地域に問題があるのでしょう。

ここまでの問題提起をしたのにも関わらず、
雰囲気と言う部分は譲れなかったようですので、お隣の街、芦屋の高級住宅街と並ぶ、
静かな高級住宅街にあるが故に、植物園としても、
体裁を整えるしかないと言う事だろうと判断しました。

表現の自由が高級住宅街に存在するからと言って、
体裁のほうが上になるとはお粗末に感じます。

ですが表現の自由も、ヘイトスピーチのように、周囲の明らかに誰もが、
恐怖や威圧感を覚えるような行為は、公共の福祉に反していないとは言えないですが、
オタク活動においての表現の自由は、なんら問題ないので、気持ち悪いからと言って、
これぐらいは許容していただきたいものですね。

表現の自由も許容出来ない、この地域のブルジョワ階級の心の貧しさにあきれるばかりです。

それでも、今回、ここまで行動して、気分も少し晴れました。

僕は、基本、行動理念が自己の存在の為に戦う覚悟や、
能力が無い者には終末しかないと言う信条gと、
利用できるものはなんでも利用するというのを常に心がけているので、
今回のような不条理には絶対屈しないと言う事です。

争わず、泣き寝入りなど言語道断。

以上が、今回顛末記でした。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する