ティセの小部屋Ⅱ
プロフィール

鳴らない携帯

Author:鳴らない携帯
ハンドルネーム 鳴らない携帯
性別 男性
趣味 ドール(愛義妹たち)と戯れる事
義妹’sたちとのお出かけ写真と、
義妹’sたちの写真等を中心としたブログです。
等身大ドール歴13年、
アゾン組3年、DD組2年です。
写真のほうは超がつく初心者です。
下手だけど、基本、
自分と義妹’sたちが楽しめればいいって、
スタンスで活動してます。

リンクフリーです。
よろしくお願い致します。



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



にほんブログ村 ドール

参加しました、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 アゾン

参加しました、よろしくお願い致します。



にほんブログ村 ボークス

参加しました、よろしくお願い致します。



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



DDの下ごしらえをしてみた。
新たにティセとなったDDdyボディミイコ。
色移り対策として、下ごしらえしてみた。

今回はボディをばらす内容なので画像とかはないですw
すっぽんぽんになっちゃいますし。

とりあえずボディを分解して、中性洗剤で洗浄。
オビツのように腕とか脚が完全分解しにくいので、
腕と脚はそのままで洗浄。
ボディはオビツと同様に分離出来るので、
上半身、下半身のソフビの皮と内部フレームを分離して、
ソフビの皮だけ洗浄。
ヘッドも蓋と本体に分けて洗浄。

明日からは雨なのでラッカー系が被りやすくなるので、
先に乾きやすいヘッドの蓋と上半身、下半身をクリアラッカーでコーティング作業した。

まず蓋はそのまま以前から持っていた半艶を吹きつけ、
乾いたら次につや消しクリアーを拭きつけで終了。

上半身と下半身は例の如く、アルカディアのANGEL PHILIAシリーズを参考にして、
シャドウ部とB地区をチークでお化粧。
その後、半艶、つや消し、UVつや消しの順で拭きつけコーティング。

とりあえず今日はここまで。

脚と腕は内部の水分が抜けてからの作業。
ヘッドはコーティングしたいけど、しばらくはデフォの瞳でいきたいので、
瞳の交換時にでもする予定。
一応ティセらしいなと感じた、アニメティックアイズのHタイプのわかばにする予定。
お迎え時に一応パテと一緒に購入しておいたので。

ここまでしても色移りするときはするんだけど、
何もやっていないよりはマシかなと思って作業しています。

まぁそれに我家は基本ボディへのお化粧がデフォルトなのでw
凹凸の少ないピュアニーモはともかく、それ以外のボディは、
やはりお化粧しているのとしてないのとでは見た雰囲気が全然違うなぁと感じます。

それと今回分解して思ったのは、内部フレームに疑問が湧いたことですね。
オビツの50ボディと違って下半身はかなり硬いので、
お腹で前かがみや腰のひねりが出来ないって事。
なのにパーツには出来ない方向に曲がる機構が備わっている、
これじゃ余計に壊れやすくなっているだけじゃないの?って事。
たしかにソフビなので曲げれないことはないけど、
やるとフレームにかなり無理がかかりますよね・・・?です。

あと内部フレーム全体に言えるのはオビツに比べると脆そうな作りですね。
腕や膝にも言えるけど、応力を分散しきれてない、
見た目ではやはりオビツの方が頑丈に見えますね。

膝、肘パーツが別パーツで再現されているオビツ50か、
スリムなラインを再現しているDDって具合に分かれるのでしょうが、
オビツの肘、膝パーツはなかなかいいアイデアだと感じます。

可動できる部分がスムーズなDDとかっちり感のあるオビツ。
かえってかっちりしている方が安心して弄れるしポーズも取れ易いなぁと感じました。

それとパーツの分売ですね。
オビツはすべてのパーツが分売されている。
でもDDは腕と脚と下半身がパーツごとに分売されていないので、
お財布にはやさしくないですねw

正直DDは上半身と下半身のパーツは非常にすばらしい造詣だと思う。
ヘッドは好き好みあるかもしれないけど、
やはり全体的に彫が深いDDのヘッドは僕は好みです。

でも全体の安定感ではオビツかな。
だからヘッドをDD、ボディがオビツになったり、
内部フレームだけオビツにするっていう改造があるのもうなずけます。

戦車で例えたら安定感のあるオビツがシャーマン戦車、
造形美に拘ったDDはティーガⅠってところでしょうかw

と初DDでの辛口評価でしたが、
そうは言いつつDDがティセ・ミイコだけでは寂しいので、
義妹としてもう1人11月の下旬には増える事になっていますw

と今回はこれでお終いです。

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ アゾンへ
にほんブログ村
拍手ありがとうございます、大変励みになっています。
スポンサーサイト


コメント

こんにちはー
この度はDDティセさんのお迎えおめでとうございます(^^

DDは色移りに気を付けるべきとは聞いていましたが
コーティングだけでもかなりの手順を踏む必要があるんですね。
私も今後DDを考えているだけに勉強になります。
[2014/10/13 14:57] URL | Liquorhouse #pt67g6gE [ 編集 ]


こんばんは、Liquorhouseさん。
DDもそうなんですが、基本ドールは、気をつけていないと、
色移りしちゃいます。
特に赤い色とか黒とか濃い色がしやすいです。

それでもアゾンさんは自社製の服はデフォ衣装も含めて、
割りと長期着せっぱなしでも色移りしにくいっていわれてますけど、
あくまなのでするときはしちゃいます。
うちの5女のランの黒雪姫ボディは、デフォの衣装、1年着せていたら、
見事に衣装の黒色が色移りしてました。

でも9女のリリアはデフォの黒い衣装を半年強着せていたけど、
色移りなし。
なので個体差もかなりあるかな。

そこに持って、DDはこの色移りの問題がかなりあると、
ググると当たり前のように出てくる問題らしく、
自社製の衣装でさえ当然の如く色移りするって話だったので、
調べたところ、服の裏についているタグの色すら移るらしいですw

なので一応ドール趣味の間で色移りを少しでも、
防止する策として用いられているのがクリアラッカーによるコーティングです。

我家ではこの夏の着替えの時、全員分施しました。

DDに関してもネット等で色移り対策でぐぐって調べると、
やはりクリアコーティングしているところも出てきます。

あと表面の成型時の油をとる意味もあって洗浄って書かれていたので、
よく考えたらソフビ製のガレージキット作る際の儀式だったなぁとw

いままで洗浄までは考えなかったけど、
よく考えると、我家も、他の義妹’sたちは、
お迎えして1年少し経っていたので、クリアコーティングの際、
体も洗ってあげようと洗浄もしていたので、特に僕が喫煙者なので、余計ですねw

やはり洗浄も必須ですね。

ただDDをクリアーコーティングする時は、
手首のジョイントはマスキングしておいた方がいいです。

うちは、手首のジョイントをマスキングしてなかったので、
動きが渋くなってしまったw

ここオビツと比べたらわかりますが、見た目でも強度がなさそうです、
なので動きが渋くなる、=折れてしまうってことにもなりかえないので。

またオビツは手首のジョイントが別売されてますけど、DDは、
このパーツは腕全体としてしか発売されていないので、
折れると腕ごと買い換えるか、
もしくはオビツのパーツ等加工してつけるなりしないといけないので、
もしクリアコーティングする際は気をつけてくださいw

まぁもしジョイント等フレームが破損した際はググると、あちらこちらで、
治療法等が載ってますので、
少しぐらいプラモデル等作ってエポパテやポリパテ、
ドリル加工等した事があるなら安心してお迎えできますよ。

あとクリアーはそれほど厚塗りしなくてもいいですよ。
特につや消しは。
してもするときはするので。
うちは下半身がちょっと厚塗りしすぎたかなって感じたので。
3重ぐらいいどうしてもしたいのなら、
艶有、半艶、つや消しの順ぐらいでいいかもしれません。

ヘッドはやはり一番の命なので、よほど自信が無い限りは、
手を加えない方がいいですね。
頭のキャップはクリアーしてもいいですけど。

くれぐれも自己責任なので、気をつけてくださいw

[2014/10/13 18:58] URL | 鳴らない携帯 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する